Peaceful

最近いつやった?Peacefulにある懐かしの玩具紹介!!

こんばんは!!

うーたです。

今日はPeacefulのお店を一部紹介します♪え!?珍しいって!?いやいやたまには紹介しますよ!!だって、店員ですよ。

Peacefulのコンセプトは「大人の秘密基地」。皆様、ご存知でしたでしょうか?なので大人の玩具を紹介しましょう!!

って、ちゃうちゃう!!普通の玩具を紹介や!!(笑)

それは、オーナーの今村さん(いまむさん)の個人的な趣味・・・かもしれない(笑)

では、普通の玩具を紹介して行きますね。

ジェンガ

なつかしのジェンガー!!皆さん知ってますかね?

開発者:1974年にイギリス人の女性起業家が開発

発売元:欧米「ハズブロ」、日本「タカラトミー」

ジェンガの意味:スワヒリ語で「組み立てる」

遊び方:長方形の縦5センチ、横3センチ位の肌色の木のブロックが54本あります。

①3列づつ交互に積み上げて行って、タワーを作る。

②1本づつ順番に好きな箇所から抜いて上に重ねて行く

③タワーを崩したら負け

こんな感じです(笑)

UNO

ウソ!!じゃなくて、U~NO!!じゃなくて、UNO!!です笑

UNOは昔、メッチャ流行ったわ~!!楽しいし、手軽だし、今でもやりたーい!!

カードが一枚残ったら最後にあのセリフね♪せ~の、「UNO」

今では、日本ウノ協会もあるみたい笑

開発者:1971年にアメリカのオハイオ州で理髪店を営むマール・ロビンス (Merle Robbins) により考案

発売元:日本「マテル・インターナショナル株式会社」 ※バービー人形の販売会社

UNOの意味:スペイン語またはイタリア語で数の「1」を意味する

遊び方:トランプのようなカードが数十枚あり、それぞれにカードに効果がある。

①親を決めて7枚カードを配る

②カードの山を作っておき、一番上のカードをめくる

③カードと同じ数字、色、記号を出して行く

④最後に1枚残ったら「UNO」と言う ※言わずに上がったらカードが増える

⑤カードが全部無くなったら終了

イメージはババ抜きが近いかな?たぶん・・・(笑)

トランプ

そして、最後は皆大好き!!トランプ!!

じゃなくて、この方はアメリカ大統領のドナルド・トランプ氏!!

こっちね!!

あ、これは最近僕がハマッている4人組のイケてるユニット「TRUMP」です。

生で見ましたが、男前だし曲も素敵ですし、曲もカッコいいので是非!!

今度こそ!!

そう!!カードのトランプです♪

開発者:起源は諸説あり、エジプト、中国、そこからヨーロッパへ? ※曖昧なので、誰か教えて欲しいっす。

発売元:1953年に任天堂がプラスチック素材を取り入れたトランプを開発・販売。

トランプの意味:ゲームのルールにある切り札を意味する

遊び方:多種多様なゲームに用いられるほか、占いの道具としても手品(マジック)の小道具としてもよく用いられます。

①ババ抜き

②ジジ抜き

③神経衰弱

④大貧民 ※大富豪とも言う

⑤7並べ

⑥ポーカー

⑦ダウト ※これが一番盛り上がった(笑)

遊び方は知っている人に聞いてみてね♪

ってな訳で、Peacefulには沢山の玩具があります♪

是非、遊びに来て一緒に遊びましょう。

では~。

 

 

ABOUT ME
スタッフ(うーた)
スタッフ(うーた)
通称、「うーた」です。うさぎです。 テンション高いです。ノリノリでブログ書きます。
LINEスタンプ


セレクトショップ・PeacefulのスタッフキャラクターでLINEスタンプをつくりました。

LINEスタンプでも「Peaceful」をお楽しみください。

>>第1弾はこちら
>>第2弾はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です